引越し単身パック <<引越し料金を安くするポイント・盲点サイト>>

クロネコヤマトの引越し単身パック

クロネコヤマトの引越し単身パックには
普通の「単身引越サービス」と「単身引越サービス(miniタイプ)」の
2種類あります。

引越し単身パック

 

新たにminiタイプが加わったことで、荷物の少ない人にとって
ムダをすることがなくお得になりました。

 

 

気になる料金も、同一区内で単身引越サービス(miniタイプ)を利用した場合
13,650円から(※関東エリア以外)と
通常の引越に比べてかなり割安になっています。

 

 

ただし、この料金はあくまで目安です。
引越し先によって料金が変わってきますので、
実際に依頼する前に見積もりを取って金額を確認することをおすすめします。

 

 

単身引越サービスで送れる荷物量の目安

 

詳しい容量についてはホームページをご確認いただければと思いますが、
単身引越サービスで送れる荷物の目安は
大きな押入れ1段分とイメージすれば良いでしょう。

 

 

具体的には、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、段ボール10個、
布団一組、衣装ケース3個、スーツケース1個くらいの容量となります。

 

荷物が少ない単身者、二人暮らしにとっては十分過ぎるくらいの容量ですね。

 

 

割引制度も充実!

 

その他のクロネコヤマトの特徴としては、
割引制度が充実していることが挙げられます。

 

 

WEB割引平日割引をはじめ、早期申込割引複数BOX割引
などもあります。

 

 

クロネコ単身サービスのこれらを上手く利用すれば、さらに安い料金で
引越しをすることができます。大変お得です。

 

<コラム>引越し豆知識 「業者から手付金を請求されたら…」

 

 

引越し業者が、引越し料金の手付金(内金)を契約者に請求するのは
国土交通省が定める「標準引越運送約款」によって禁止されています。

 

 

しかし、引越し業者の中には、キャンセルのリスクを抑えるために
手付金を請求している業者も、一部ですが存在するようです。

 

 

「引越し豆知識@」でも書いた通り
引越し料金のキャンセル料は前々日まで無料となっていますので、
業者の立場から考えれば、少しでも手付金をもらっておきたい
という気持ちも分からなくはないですが、
これはルール違反ですので注意が必要です。

 

 

ルール違反を行うような業者は、まず第一に信用できませんし
、手付金以外にもトラブルが起こる可能性も高いので、
手付金を請求された場合は、その業者とは契約をしない
ことをおすすめします。

 

 

引越しは、安い料金で済むに越したことはないですが、
大切な荷物を運んでもらうわけですから
ルールをしっかり守る信頼できる業者にお願いしたいですね。

 

アート引越しセンターのページに進む

一括見積りで金額を比較してみたい方はこちら!

引っ越し料金を比較した中から一番安いところを選ぶだけでもお得!10社ほど見積もりでき、比較できます。3つとも登録しておけば、漏れがありません!一番安い業者を選ぶのがおすすめです。

ズバット引越

引越し価格ガイド

ラクっとNAVI

ズバット
有名な引越し見積もりの老舗「ズバット」。アート、サカイ、日通、佐川、くらうど、七福などが220社が参加!!利用者実績も400万人を突破していて、信頼と実績アリ!!

引越し価格ガイド
引越し費用が最大55%オフ。単身者向けの引越し一括見積もり。老舗なので見積もれる引っ越し業者の数が多い。その中のガッツムービングサービスは格安料金で、配線や接続、家具設置は、全てスタッフ(※一部有料)がやってくれます。検討の余地アリ!

達人
引っ越し業者から電話が来ないタイプの一括見積もり「ラクっとNAVI」土日の引越し費用(高い曜日)129,200円58,140円になる例も!引越屋から電話が来ないタイプの見積もりを取りたい場合はこちら!

引越し単身〜安い・格安で引っ越したい人のサイト TOPページに戻る
 
引越し単身TOP 何日前までに予約? 正社員とバイト 当日忘れてた!!では済まない 1社1社申込→面倒