爆安・格安・激安 引っ越し一括見積もり申込み〜電話は面倒!条件が合う引越し業者と値引き交渉!

爆安・格安・激安 引っ越し一括見積もり申込み〜電話は面倒!条件が合う引越し業者と値引き交渉!

引っ越しの見積もりを取る時、

・激安・格安・爆安の見積もりを取りたい
・引っ越し業者を早く決めたい
・1社1社と交渉するのは面倒

と思う人は多いです。

 

金額を(爆安・格安に)安くしてくれる業者を探すのはもちろんですが、
引越し前の忙しい時に1社1社 電話するなんてやっていられないです。
10社も電話するなんてできますか?
契約するのはたった1社ですしね。

 

でも、引っ越し業者10社の見積り金額を知って、比較→値引きしてもらうのが良いです!
そうしないと、引っ越し業者の安値が出てきませんからね!

 

安い引っ越し業者を探す人は多いですが、
安いというより「値引きしてもらい、安い金額を引き出す」
と言った方が正解なのです。

 

その方法をお知らせします。

 

 

従来の引っ越し業の選び方

 

通常ですと、

1.こちらから引っ越し業者に電話をかける
2.引っ越し日時、どこからどこまで、荷物量、希望を担当に説明する
(担当不在だった場合、折り返しの電話を待つ←これ面倒)
3.一旦電話を切って、折り返し電話もらう←これも待つのが面倒
4.金額を提示される
5.次の引っ越し業者に電話して同じことを聞く
6.これを繰り返す

 

やってみると分かるのですが、
1社1社担当に説明するのが本当に面倒で、時間がかかります。

 

では、どうしたらいいか?

 

一括見積もりに登録して、
自分の希望に対応できる業者だけ連絡をもらうのが良いです。
つまりは、引越し価格ガイド引っ越しズバットHomes一括見積もりサイトに登録するのが良いです。

 

一括見積もりサイトを開くと...

 

自分の住所、目的地、希望日時、荷物量、希望を入力します。
爆安・格安・激安 引っ越し一括見積もり申込み〜電話は面倒!条件が合う引越し業者と値引き交渉!
こういう画面に荷物量を入力していきます。

 

希望はこういう風に書いておくことをおすすめします。
爆安・格安・激安 引っ越し一括見積もり申込み〜電話は面倒!条件が合う引越し業者と値引き交渉!
これは実際に、私が引越し業者を選定する時に申し込んだ画面です。
急ぎの引っ越しで、しかも年末でした。
引っ越し業者も休みに入っていたり
都合がつかなかったりしそうだったので
あらかじめ要望を書いたのです。

 

対応できない引っ越し業者から電話もらうのはお互い時間、手間のムダですからね。

 

見積もり相談:12/28(水)
ダンボール届けてもらう:12/29(木)
荷物積む12/30(金)午前〜14時まで
荷物卸す12/31午後
のスケジュールに対応できる業者様、
メールでご連絡いただきたくよろしくお願いいたします。

※これ、日時だけ変えてコピペして、申込みに使えます。

 

荷物量も最初から引っ越し屋に知らせることができます。
電話して欲しくない場合は「メールでお願いします」と
コメント欄に書いておくと、メールで連絡がもらえます。

 

荷物量を知らせる際も大きな家電家具をカンタンに記入できます。
爆安・格安・激安 引っ越し一括見積もり申込み〜電話は面倒!条件が合う引越し業者と値引き交渉!

 

このように
爆安・格安・激安 引っ越し一括見積もり申込み〜電話は面倒!条件が合う引越し業者と値引き交渉!
もう1箇所立ち寄って欲しい。
不用品処分お願いします。
家電家具を梱包して欲しい。
なども要望することができます。

 

 

すると、都合が合う引っ越し業者だけからメールか電話で連絡があります。

 

 

こうすることによって、1社1社対応しなくて済みます。
連絡が来た引越し業者は希望に対応してくれる所です。
その中から費用を比較して値引きしてもらうと良いでしょう。

 

 

※担当の感じも比較材料に入れてよいと思います。
感じが良いというか、相性が合う、
この人に頼みたいというのはあると思います。

 

こういう決め方をすると面倒な手間が省けます。
値引きしてもらえます。
効率よく引っ越し業者を決めることができます。

 

 

おすすめの一括見積もりサイト→相場が分かる→値引きへ

 

価格ガイド、ズバット引っ越し、Homesとありますが、3つ申し込むと良いです。
なぜなら、それぞれ登録している引越し業者が違うからです。
多くの引っ越し業者を比較すると料金交渉もやりやすいです。
最安値を提示してくれた業者の見積もりを交渉材料にするのです。

 

 

最安値の見積書をベースに
天草引越センターは5万円を提示してくれているのですが、、、」
と別の業者に言ってみるのです。
それ以上安くできないなら「ウチは無理です」と言われることもあります。
「税込49,800円に値引きしますよ!(←これよくあるパターン)」と提示されることもあります。

 

金額は安くできないけど、
「大型家電処分無料にしますよ」とオプションをつけてもらえることもあります。

 

交渉材料ができるし、
あなた自身も引っ越しの料金相場が分かるようになるので、
価格ガイド、ズバット、Homes3つとも登録してみるのがおすすめなのです。

 

 

その上で→爆安・格安・激安の見積もりを引き出す

 

一括見積もりを申込み、何社か連絡が来ると大体の相場が分かってきます。
最安値を提示してきた業者が5万円だとします。
そしたら、その最安値業者にも他の業者にも
「今回の引越しは3万円以上かけるつもりはありません」と言ってみるのです。

 

「3万円はさすがに難しいので、3.5万円はいかがでしょう?」と提案されることが多いです。

 

逆に、引越し業者にあっさり「3万円でいいですよ」と言ってもらえた場合、
実はもう少し安くしてもらえたかもしれないということです(笑)

 

しかし、今さら「2.5万円にしてください」と言えません。
その際は、「大幅にまけてもらえたし、まあいいか」と考えるか、
別業者に「2.5万円にしてもらえたら契約します。」と言ってみるのです。
2.7万円くらいになる可能性もあります。

 

引っ越し業者は「無理なものは無理です」とはっきり言ってくれます。
スケジュールを調整しないと予約を受けられないほどの場合、
あっさり「無理です」と言ってくるでしょう。
暇な場合、結構料金を下げてくれるので
言ってみるだけ言ってみることは有効なのです。

 

これが格安・爆安・激安料金を引き出す秘訣なのです!!

 

引越し業者のスタッフがアルバイトでなく、正社員の会社は?のページに進む

 
引越し単身TOP 何日前までに予約? 正社員とバイト 当日忘れてた!!では済まない 1社1社申込→面倒