引越し業者の申し込み・見積もりは何日前までに取り、予約すれば良い?空き状況知りたい

引越し業者の見積もりは何日前までに取り、予約すれば良いか?

引っ越し屋は何日前までに見積もりを取り、申し込めば良いのでしょうか?
予約は早めの方が良いのでしょうか?

 

 

 


回答→→当日、前日でも2日前でも見積もりを依頼することはできます。

 

ただ、この場合は一括見積りを取り、対応できる業者の中から金額比較して選ぶことになります。
スケジュールが埋まって一杯になっている業者は連絡がありませんし、
こちらから引っ越し屋に電話しても「一杯なんです。ごめんなさい」と言われます。

 

引越しの予約

 

アート引越しセンターやサカイ引越に直接電話すると、「安全なのは1か月前、3週間前です。直前の申し込みは空いていればやりますが、、、」と言われます。
直前でも料金加算して、対応してもらえることもあります。

 

ゆっくり検討し、金額を比較して安いところに申し込みたいのであれば、早め(1か月前、2か月前)をおすすめします。

 

 

急に引越ししたい場合、前日、あるいは「今日引っ越したい」という場合、
引越しのサカイに電話して、アリさんマークに電話して、、、
なんてことはしていられません。引越し一括見積もりサービスが便利です。
一括見積もりサービスに申し込むと、対応できる業者からすぐに連絡があります。

 

通常はメールで返信がありますが、
引越し日の2日前、3日前、急ぎの引越しの場合、
引越しセンターから電話がかかってきます。

 

その電話に出て、料金交渉をすればすぐに引越しの予約を取れます。
一括見積もりを申し込みさえすれば、
あとは待っていれば良いのです。

 

スケジュールが空いている業者は喜んで連絡をくれますから!
急ぎの引っ越しの申込みはありがたいと思われますよ!

 

 

すぐに引越ししたい人

 

急いで引っ越し業者を決めたい方へ。

 

結論を言うと、一括見積を取ることをおすすめします。

 

理由は、見積金額を一覧で比較できるからです。
最終的には安いところに申し込みたいと思ってますよね?

 

 

1社1社電話するのは、時間がかかります。
こちらから引っ越し業者にかけてみると分かるのですが、、、

例えば、サカイ引越センターに直接電話をかけると、、、

 

「ガイダンスに従いボタンを押してください」

 

「東京都にお住まいの方は1、千葉県は2を、埼玉県は3、神奈川は4を押してください」

 

「東京23区内にお住まいの方は1、それ以外は2を押してください」

 

「担当地域におつなぎします。プルルル、、、」

 

「ただいま電話が混み合っており、、、」

ということがよくあります!

 

やってられないですよ!!(笑)

 

 

やっとつながって、こちらの条件を口頭で全部伝えるのもしんどくて時間がかかります。

 

伝えた挙句「その条件ですとできません」と言われたりすることもよくあります。

 

 

それを避けるために、インターネットで1回だけ記入フォームに記入して、やってくれる業者だけから連絡をもらうのがおすすめなのです!!

 

引っ越し業者からの電話がわずらわしい!という人もいます。
そういう場合は、ズバット引越し引越しの達人「電話かかってくるのは嫌なので、メールで連絡ください」と書いておけば、メールで連絡くれますよ!
引越し業者の申し込み・見積もりは何日前までに取り、予約すれば良い?空き状況知りたい

 

 

それと、安心できる業者に頼みたいと思っていますよね?

 

免許を持っている引越し屋ならば、安心して頼めます。たまに悪いクチコミがあるのは、ハズレの作業員がやってきたということです。

 

どこの業者でも苦情や良くない口コミはありますよ。サカイ、アート、アリさんマークのような大手業者は良いクチコミの方が多いです。ですが、良くないクチコミもありますよ。ハズレの作業員が乱暴に荷物を置いたとか、そういうことが。

 

ハズレを引かないためには、見積もり交渉の際に「金額も大事なのですがどういうフタッフが来ますか?あとでトラブルは嫌なので、ちゃんとしたスタッフさんに来てもらいたいのですが」と念押しすると良いです。

 

 

すぐ引っ越したいという人はよくある話

 

例えば・・・

・急な転勤。人事異動は決まっていたが、実際に移る日が早まった場合。

 

・プロスポーツ選手の急なトレード。急に新チームに移籍・出場することになった場合。

 

・事情がある人。夜逃げのようだが、早朝・夜中にどうしても引っ越したい人。

 

・サラリーマンでも夜中に引っ越すしかないほど忙しい人。

 

・日中は学校。土日はバイト。夜しか引越しできない学生。
夜に荷物を積み込んで、翌日〜2日後の夜に届けて欲しいという場合。

 

・梱包が間に合わないけど、今日引っ越したい全てお任せパックでお願いしたい。

 

・商売をしているので営業時間が終わってから、事務所移転したい。

 

・夜の仕事をしているので、昼間はゆっくり寝て、夜に引越し作業してほしい。

 

・昼間に引っ越したのだが、荷物が残ってしまい、夜に残った荷物を運びたい。

 

・夫婦共働きで時間が夜しか合わない。

 

引っ越し業者は分かっています。
夜中・早朝に引越しする人はよくいます。
各引越し業者は相談に乗ってくれるので
まずは急な引越しや時間外の引越しに対応してくれるか?
一括見積の時に買いておくと良いです。

 

 

朝早かったり深夜の引越しは近所迷惑になるので、
近所の人や管理人さんには前もって、夜間の引越し作業になる旨伝えておいた方が良いです。

 

特に、新居の管理人さん、隣人はこれからお付き合いが続きます。
「引越し日の夜だけ、物音がするかもしれないのですが、
ご了解いただけませんでしょうか」
事前に挨拶しておくことをおすすめします。

 

 

3.業者の空き状況を知りたい

 

引っ越し業者の空き状況はホームページに書いてある業者もあります。

 

ベスト引っ越しサービス
引越し業者の申し込み・見積もりは何日前までに取り、予約すれば良い?空き状況知りたい

 

ただ、空き状況をホームページに書くのは引っ越し業者も大変です。
というのは、どこからどこまでの引越しか分からないから書きようがないのです。

 

浜松市、静岡市内なら空いてるけど、京都市内は空いてないこともよくあります。

 

条件を伝えてみないと引っ越し業者も答えようがないのが実情です。

 

空き状況を知りたい場合、1社だけの空き状況を知りたいわけではないですよね。
何社か知りたいでしょう。そういう場合、一括見積りがよいわけです。

 

 

いつから見積もり依頼できるのでしょうか?

 

引越しセンターとしては、早い段階のほうが目処がつくので良いです。
「いつから見積もり・予約できるか」については、1年前では早すぎますが、
立ち退き日時が決まって、引越しをすることが決まった段階
見積もり依頼すると良いでしょう。
実際の申し込みは見積もり金額が気に入ったら、でOKです。
見積もり金額を提示される時に、
荷物量とどこからどこまで移動するのか聞かれます。

 

余裕を持って引越し見積もり依頼するのが好ましいですが、
単身者の場合、会社に急に引越しさせられたり、
異動の内示は1ヶ月くらい前に出ることもよくあります。
いつから引越し依頼できるのかと言ったら、引っ越しが決まった段階で引っ越し依頼するとよいでしょう。

 

 

引越し先の住所が決まらないと、予約はできません。
引越し会社としてもトラック・人員の確保ができないからです。

 

ただ、事情を伝えれば、予約はできます。
例えば、
・熊本支社に転勤することになった!
・札幌支店に転勤が決まったけど、住まいを今探している!
こういう場合です。(転勤することは間違いないことが分かる場合)

 

「札幌のこのエリアで部屋を探しています」と引越会社に伝えれば、予約を受けてもらえることは多いです。
引っ越し業者としては、契約はほしいけど、引越先が宙ぶらりんで結局キャンセルになった、、、ということが困るわけです。

 

 

5.引っ越し申し込みの流れ

 

一般的な引越しの流れは次のようになります。
引越しセンターへの連絡は、早いと時間帯なども調整しやすいです。
私(独身)の場合の引越し手順を記しておきます。

 

(1) おおよその立ち退き日が決まった。(引っ越しの約1か月前)

 

(2) 引越し一括見積もり申し込み

 

(3) 業者の営業の方とのやり取り。
荷物量、ベッド・冷蔵庫・洗濯機有り無しを伝える。
ダンボールいくつか分か、2tトラックで大丈夫そうだ、
などを引越し業者が見積もってくれます。

 

(4) 4社と値段交渉

 

(5) 1社と業者と正式契約→引越し屋がうちに来る時間帯を12時から15時の間、
と時間に融通持たせてあげたら25,000円引いてくれました。

 

(6) 業者から資材(ダンボール、プチプチ)をもらって、ダンボール詰め開始。

 

 

引っ越し業者としては、スケジュールに柔軟性を持たせてあげるようにすると、
値段を引いてくれることが多いです。
フリープランだと安いのはこれですね。

 

 

安い申し込みをしたい場合

 

1ヶ月前、2ヶ月くらい前だと、
一括見積りで10社くらい業者をゆっくり比較できるのでおすすめです。

 

直前に迫っていると、ゆっくりしている時間はありません。

 

「いくらか安くしてください」と私たちが言った時、
業者としても料金を安くすることを検討する時間があるので、
安い引越しをしたい場合は早い方が良いです。


いつからでも引っ越しの申し込みはできますが、
引っ越しが決まっているならば早めに予約しておくと
業者に来てもらう時間、荷物を届けてもらう時間指定にも対応してもらいやすいです。
まずは、一括見積りを申し込む段階で希望を書きましょう。

・女性スタッフ希望
・時間融通利かせますので、できるだけ安くお願いします
・全部やってもらうプランにしたい
・もう1か所立ち寄りしてほしい
・ベッド、扇風機の廃棄をお願いします

こういった希望を書いておくと、対応できる業者だけから連絡があります。
対応できない業者から連絡もらっても困りますよね。
希望を書いて一括見積りを申し込むのがおすすめです。
その中から安い業者を選択して、他社の見積もりを見せながら一番安い業者に決定するのがおすすめです。

 

・いつから申し込みできるか→引越しが決まった段階。

 

・いつまで予約取れるか→当日まで申し込み可能。ただ、当日近くなるにつれ、引越業者のトラック、人員の空きがなくなってくる。

 

 

1社1社に電話して申し込むのは面倒!一括見積もりとどっちが良い? のページに進む

一括見積りで金額を比較してみたい方はこちら!

引っ越し料金を比較した中から一番安いところを選ぶだけでもお得!10社ほど見積もりでき、比較できます。3つとも登録しておけば、漏れがありません!一番安い業者を選ぶのがおすすめです。

ズバット引越

引越し価格ガイド

引越し達人

ズバット
有名な引越し見積もりの老舗「ズバット」。アート、サカイ、日通、佐川、くらうど、七福などが220社が参加!!利用者実績も400万人を突破していて、信頼と実績アリ!!

引越し価格ガイド
引越し費用が最大55%オフ。単身者向けの引越し一括見積もり。老舗なので見積もれる引っ越し業者の数が多い。その中のガッツムービングサービスは格安料金で、配線や接続、家具設置は、全てスタッフ(※一部有料)がやってくれます。検討の余地アリ!

達人
最大55%オフになる「引越しの達人」土日の引越し費用(高い曜日)129,200円58,140円になる例も!最近 安い見積もりを引き出せると評判の引越しの達人はこちらから!

引越し単身〜安い・格安で引っ越したい人のサイト TOPページに戻る
 
引越し単身TOP 何日前までに予約? 正社員とバイト 当日忘れてた!!では済まない 1社1社申込→面倒